自分のペースで勉強ができる【独学よりも家庭教師に教えてもらう】

ゴールはあくまで合格

医者

特待生制度を活用

勤務医の平均年収は1000万〜1500万程度ですが、開業医ともなれば2000万〜3000万程度とも言われています。仕事が大変というイメージが強い医師ですが、他の職種に比べると収入が圧倒的に多い点は、魅力です。こうした背景から、医学部を受験する高校生が増えており、それを応援する親御さんも増加傾向にあります。そして、医学部受験を本気で目指すのであれば、予備校に通学することがおすすめです。また、予備校を選ぶポイントは、ご自身の学力や勉強の習慣、性格などをしっかり考慮すべきと言えます。学費という制約がつきますが、その中でベストな選択を行うことがゴールへの近道です。医学部予備校の学費は大手進学予備校に比べると、高めに設定されているのが常識です。なぜなら、少人数制や個別指導が導入されており、一人ひとりにきめ細かなフォローが行われるからです。学費が高くなる点は否めませんが、学力をしっかりと伸ばし、ゴールとなる医学部合格の可能性が高まる点で、大きなメリットとなるでしょう。そんな医学部予備校ですが、各学校によって学費に差があります。特に東京や大阪、名古屋などの大都市では、競争が激しいという事情もあり、リーズナブルな学費の予備校も数多く見られます。また、特待生制度を実施する医学部予備校も中には見られます。特待生制度は、充実した教育システムはそのままに、学費を抑えることが出来る制度ですから、積極的に活用してみることをおすすめします。